高齢化社会に伴い注目される老人ホーム

老人ホームの求人について

高齢化の急速な進展に伴い介護職の求人は急増しました。
とりわけ特別養護老人ホームや養護老人ホーム、グループホーム、介護老人保健施設といった入所型の施設での募集が増えています。
施設では24時間体制で入所者の生活を支えるため夜勤を含む変則的な勤務であり、心身に疲弊を感じる人もいますが、人対人なの言葉で言えなくても表情などから感謝が感じらで非常にやりがいを感じる仕事でもあります。
特に老人ホームといった入所型の施設では、利用者の日常を長期的な視点からみることができるので、少しの機能の回復でも敏感に身近に職員が感じとることができるので、自分の介護の成果を実感できるという点にやりがいを感じます。
確かに夜勤を含む交代制勤務は大変ですが、その分日中の様子はもちろんのこと夜間の様子も見ることができ、一日の様子を見ることでこの方がどのようなニーズをもっているのかということを把握しやすいので的確な介護ができるという点で魅力です。

老人ホームの求人で有利な資格

急速な高齢化に伴い福祉、特に介護業界での求人は増加しています。
特に特別養護老人ホームや有料老人ホーム、グループホーム等の入所型の施設での求人が増加しています。
それらをみていますと介護の資格には介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、介護福祉士、ケアマネージャーというように様々な資格がありますが、施設では現場での介護職がほしいので初任者研修修了以上のケアスタッフが望まれます。
もちろん初任者研修は最も初級の資格ですので、それをもとに勤務を続け一定の実務経験を経るとより上位の介護福祉士の試験の受験資格を取得することができます。
介護福祉士を取得すると基本給が上がったり、別途資格手当がでるなど収入に影響してきますので、さらなるスキルアップを目指す人も多いです。
また日頃の実務経験が試験では問われるという点で実践が試験に直結しているので受験しやすいです。
この点、ケアマネージャーは介護の資格では最も上位ですが、事業所に数人いればよいので施設の求人では人気の資格ではありません

recommend

最終更新日:2017/5/12

Copyright (C) 2015 老人ホームのお話. All rights reserved.