高齢化社会に伴い注目される老人ホーム

資格があれば強い!就職難でも安心!?老人ホームへの就職

介護制度が始まり、更なる少子高齢化社会へと進み続ける日本で、今後、働き手の需要が高まるとされている業界が福祉業界ではないでしょうか。
特に、核家族化が進み、家庭での介護が難しくなるケースも増えている中、老人ホームに入居する高齢者は今後さらに増え続けると考えられています。
そのため、老人ホームで、高齢者のお世話をする仕事の需要は、今後ますます増えてくると予想されます。
そこで、そのような時代に求められているのが、介護系の資格保有者です。
介護を要する高齢者や障がい者の介護と、その指導を行う介護福祉士は、介護系ではたった一つしかない国家資格です。
また、ホームヘルパーと呼ばれる訪問介護員は、高齢者や障がい者に対して、より身近な存在としてお世話をすることができ、講習の受講の終了とともに取得することができるため、介護福祉士に比べると、取得しやすくなっています。
将来的な就職を不安に感じる人にとっては、魅力的な資格ではないでしょうか。

老人ホームで働くために有利な資格とは

老人ホームでは無資格でも働くことができますが、無資格で働く場合は入居者に触れることはできず、行える業務が限られるため求人数も少ないのが現状です。
施設側が求人者に求めているのは、介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)が最も多く、応募要項の必須条件に定めているのが一般的です。
介護職員初任者を取得する場合は最短でも1ヶ月必要で、約5万円の費用が求められます。
介護職員初任者を経験して実績を積んでステップアップするためには、実務経験者(ホームヘルパー1級)を取るのが一般的で、ホームヘルパー2級取得者よりも給与面で優遇が得られます。
更に給与面でステップアップしたい場合は介護福祉士を目指します。
介護福祉士を受験するためには3年以上の実績が必要で、最短で2ヶ月、費用は8000円以上かかります。
施設では介護経験のある人を求めているので、実務経験も受験の必須条件に定められている介護福祉士が、もっとも老人ホームへの就職に有利な資格です。

Valuable information

2017/5/12 更新

Copyright (C) 2015 老人ホームのお話. All rights reserved.